女性

老人ホームへ入居するまでの流れ|新しい環境での生活を始める

入居までの手順

男女

静岡で老人ホームへの入居を考えている人は、事前に入居までの流れを把握しておくことが大切です。というのも静岡の老人ホームによっては入居までの時間が意外とかかることが少なくありません。人によって老人ホームへの入居までの期間というのはバラバラです。そのため、自分自身の状況に照らし合わせながら入居までのおおよその流れをチェックしておきましょう。

まず一般的には、老人ホームへ資料請求してから入居するまでには1か月から2カ月ほどかかるとされています。最初にすることは、入居を希望している老人ホームに対して資料の請求をしましょう。資料請求する際には、予算や介護レベル、認知症の有無、入居を希望する日程などを指定の資料請求フォームに書き込むか、電話で担当者に対し相談しましょう。

資料が届き内容に目を通したら、もう一度老人ホームに連絡しましょう。施設によっては見学会へ招待されることがあります。これから入居する施設の見学はかなり重要になるため、積極的に参加するといいでしょう。見学会では実際に施設を確認するだけでなく、ホームのスタッフや入居者の方と触れ合いながら、過ごしやすい環境かどうかも確かめることが出来ます。見学会では入居希望者の身体状態や、予算などの相談もすることが出来るため、気になることがあれば気軽に質問してみるといいでしょう。

見学をしてみて、ホームが気に入ったのであれば、実際に入居する前に体験入居をすることも出来ます。体験入居では1日から1週間程度ホームで過ごすことが出来ます。場合によっては、体験入居からそのまま本契約、引越しという流れになることもあります。そのため体験入居をする時点で、費用や施設に関する情報を把握しておきましょう。そして契約をする際には、各種費用だけでなく契約書に記載されている重要な説明事項を十分に理解しておくことが大切です。

介護事業者の強い味方

女の人

介護事業者は定期的に国保連に対して介護伝送請求業務を行なわなければなりません。その際に助かるのが、民間ソフト会社の伝送ソフトです。ソフトを選ぶときは、各社の特徴を十分に把握しておくことが大切です。

もっと読む

伝送ソフトの申し込み

介護

介護伝送請求するために必要な伝送ソフトの申し込み方法を確認しておきましょう。またその際には国保連に対しても必要な書類の提出があるため、期日を把握しておきましょう。

もっと読む

ソフト選びのポイント

マウス

介護請求ソフトは各会社によってサービス内容が違います。そのため介護請求ソフトの利用を始める際には、こちらで紹介するとポイントをしっかりと押さえておくことが大切です。

もっと読む