シニア男性

老人ホームへ入居するまでの流れ|新しい環境での生活を始める

伝送ソフトの申し込み

介護

国保連に対する介護請求業務をサポートしてくれる伝送ソフトの利用を考えているなら、まずはその申し込み方法を確認しておきましょう。国保連に対して介護伝送請求を行なうことができる民間ソフト会社の種類は数多くあります。各会社によって伝送ソフトの細かい部分の申し込みの流れは違うかもしれませんが、大まかな流れはどこも変わりません。こちらのページでチェックしておくと、介護伝送ソフトの申し込み時に役立てることができます。

まず、申し込みの方法としてはメールとFAXの2種類があります。伝送ソフトの会社によっては資料請求で送付された書類を直接郵送することも可能です。ですが手間暇やレスポンスの時間を考えるとメールやFAXを利用した方が良いかもしれません。申込書の送付が済んだら、各国保連合会へ介護給付費用の請求をしておきましょう。この請求に関しては提出期限が定められているため、しっかりと期日を確認しておくことが大切です。

国保連から伝送に使用する際に必要なIDとパスワードが届いたら、あとは各伝送ソフト会社に連絡します。後日、民間会社の伝送ソフトを使用するために必要なセットアップの方法や手順が届きます。その手順通りに作業を進めていけば、介護伝送請求ソフトのサービスの利用をスタートさせることが出来ます。この時点で何か困っていることや、疑問、不明な点がある場合は、各会社のキャリアサポートセンターに問い合わせてみましょう。会社によっては24時間体制で、サポートしてくれるため安心です。